勝谷氏は肝不全で死去から思う、メタボにも対策を・自身の健康生活を見直しましょう

他人事ではない!
日頃から健康的生活は心がけておきたいものです

 

 
勝谷誠彦氏は肝不全で死去のニュースを見て、まず、ご冥福を心よりお祈り申し上げます

下記は日刊ゲンダイDIGITALニュースより抜粋↓

勝谷誠彦氏は肝不全で死去 長生きのために酒量減らす方法

11/30(金) 9:26配信 日刊ゲンダイDIGITAL

 コラムニスト・勝谷誠彦氏の死去にビックリした人もいるだろう。
1960年12月生まれの57歳。8月に重症アルコール性肝炎で入院し、今月28日に肝不全で死亡した。

 勝谷氏は酒好きの上に、うつ病にも悩まされていた。

「とにかく酒が強かった。夕方から飲み始めて深夜1時、2時まで飲むのは当たり前で、一種のアルコール依存症。3年前の5月にうつ病を発症してから引きこもりがちになり、さらに酒量が増えたようです」(担当編集者)

暴飲暴食はメタボの元

 

 
 
 
みんな頭ではわかっているけれど・・・
なかなかやめられないお酒・・・
お酒の席ではカロリーの多いおつまみ的な料理もついつい食べ過ぎてしまいます

 
 

会社では特に役職についた中年おじさんは お付き合いでお酒の席が増えます
役職が高い人ほど、健康診断の数値が悪い

 
 
そんな事実は、会社で良く見ています(勤務場所がたまたま偉い人が多い部署なんです)
「また今日も飲み会か?」会議の後は飲み会が付き物ですから「いい加減にやめて」
と個人的には思っています

 
 

飲み会は仕方ない?

 

 
 
 
仕事だから飲み会は仕方ないのでしたら、禁酒日を設けておくべき
肝臓を休ませる日を多くとっておきましょう

 
 

イメージ的には
お酒を良く飲む人=太っているおじさんタイプ=不健康=メタボ体形むさくるしい
ですね・・・

 
 

「メタボメ茶」で痩せる努力を

 

 
 
 
日常的に体に良いものを取り入れてブクブク太り過ぎを何とかしましょう
それは自分自身のためにです(健康の為)オマケに見た目も良くなります

 
 
メタボメ茶を日常的に飲む・・・ということは自分で健康意識を高めることですから
食事は常に野菜中心に・・・
カロリーの多い食べ物はくれぐれも少しだけ・・・にしましょう

 
 

メタボメ茶の効能

 



↑画像クリックで「メタボメ茶」へジャンプ
 

メタボメ茶は、以下の効能が人気です
便秘解消効果
美容効果(美肌)
ダイエット効果

 
 

③ダイエットへの効能

 
E1414107237146_1
 

メタボメ茶のメインの効能ダイエット
ダイエットに有効な数多くの種類の成分・原料を配合しております
基礎代謝が高まり、みるみるうちに脂肪が燃焼しやすい
痩せやすい体質
に変化していきます
お腹がぽっこりしている人ほど、効果を実感しやすいです
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
メタボメ茶の効果・効能についての詳細記事も参考に
m(_ _)m

 
 

お茶は、ちびちび飲むよりも
ガブガブ飲んだほうが効果が発揮されやすいです

メタボメ茶の効果的な飲み方もご覧下さい
( ‘-^ )b

 
 

 
 

おまけ お腹だけ痩せる方法


 
 
 
 



メタボメ茶トップページはこちら


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ